腎臓病食 宅配 高齢者

腎臓病食の宅配サービス(冷凍弁当)

腎臓病食の弁当の宅配

  • 腎臓が悪くなって普通食が食べられない
  • 腎臓病食は計算が難しくて高齢だから作れない
  • タンパク質は控えめでしっかりカロリーを取りたい

 

腎臓病の治療食はタンパク質だけでなく、塩分やカリウムなどの制限も必要なので作るのが難しいです。

 

特に高齢になると糖尿病性腎症など、糖尿病の合併症腎機能が悪くなる高齢者が増えていきます。

 

そんな時に、簡単に電子レンジで温めて食べられる、冷凍の低タンパク食を紹介します。
これなら高齢者でも腎臓病の食事療法ができるようになります。

 

選び方のポイント
  • ご飯がセットになっているのか?
  • 冷凍か冷蔵なのか?
  • 一回に何食セットで届くのか?
  • 送料はいくらぐらいでお試しセットはあるのか

 

ウェルネスダイニングの腎臓病食

腎臓病食の弁当の宅配

 

ウェルネスダイニング腎臓病食は
タンパク質を10g、塩分を2g以下、カリウムを500ミリグラム以下
に制限する治療食です。

 

おかずのみでご飯がついていないタイプの冷凍弁当
お年寄りでも食べやすいように適度な柔らかさに作られています。

 

メニューがたくさん用意されていて飽きずに続けられるのがポイント

 

価格は7個セット4800円から、まとめ買いをするとさらに安くなります。
定期コースとその都度購入のコースがあります。

 

全国に宅配可能

 

カロリー・たんぱく

塩分・カリウム

タイプ

価格

300kcal〜・10g以下

2g以下・500mg以下

ごはんなし冷凍弁当

7個 4800円

 

 

公式サイトはこちら

お弁当レビュー

 

 

食卓便の腎臓病食

腎臓病食の宅配!高齢者向けの低たんぱく治療食の通販サービス

 

食卓便の腎臓病食はご飯150gを食べた時に
タンパク質は13グラム以下、塩分2グラム以下、カリウム500mg以下
になるように設定されている治療食です。

 

ご飯はついていないおかずのみの冷凍弁当です。
定期注文とその都度注文の選び方があります。

 

カロリー・たんぱく

塩分・カリウム

タイプ

価格

13g以下

2g以下・500mg以下

ごはんなし冷凍弁当

7個 4800円

 

公式サイトはこちら

 

ニチレイフーズのたんぱく質を控える食事

腎臓病食の宅配!高齢者向けの低たんぱく治療食の通販サービス

 

ニチレイフーズの低たんぱく食はタンパク質塩分とカリウムを制限している非常食です。
おかずのみのご飯がないタイプの冷凍弁当です。

 

メニューは21個用意されていて一食700円
まとめ買いで7個セット4,900円
好きなメニューを1品ずつ注文できるならポイント

 

全国に宅配可能です。

 

カロリー・たんぱく

塩分・カリウム

タイプ

価格

240kcal程度・約13g以下

約2g以下・約500mg以下

ごはんなし冷凍弁当

7個 4800円

 

ニチレイの公式サイト

 

 

腎臓病食を宅配するメリット

おいしくたんぱく質・塩分を減らせる

腎臓病食はたんぱく質や塩分カリウムなどいくつか減らさないといけないポイントがあります。

 

それを考えて作っていくとメニューが偏ってしまったり、おいしく作れなかったりですが、腎臓食の宅配サービスが栄養のプロである管理栄養士さんがタンパク質や塩分などを制限以内に、そして見た目や味の追求しておいしく作るように工夫しています。
ですので、おいしい腎臓食が食べられます

 

簡単に制限食が食べられる

腎臓病食はタンパク質や塩分カリウムなど何個も減らさないといけない項目があり腎臓糖尿病食や高血圧食と比べて作るのが難しいです。
高齢者であればなおさらです。

 

ですが、宅配弁当なら全部栄養士さんに任せられるので、電子レンジで温めるだけで一人暮らしの高齢者でも簡単に食べられます。

 

冷凍タイプが便利

腎臓食はレトルトタイプ冷蔵タイプ冷凍タイプなどいくつか種類がありますが、冷蔵タイプが一番勝手が聞いて便利です。
冷蔵弁当は届いたその日に食べないといけないという制限があります。

 

またレトルトパックは長期保存できて便利なのですが、レトルト感のある味になってしまうことや、湯煎して盛り付けて食べた後は食器を洗わないといけないという手間がかかってしまいます。

 

ですが、冷凍弁当であれば容器ごと電子レンジで温めて容器は使い捨てできるのはとても簡単です。

 

選ぶときのポイント

腎臓病食を選ぶときは以下のようなポイントの注意しましょう。

 

制限量が適切か

たんぱく質塩分は腎臓病のステージに合わせていくつかあります。
各メーカータンパク質一食あたり10g制限塩分は2グラム以下など制限目安を公開していますので、ご両親に必要な制限が守れるメーカーを選びましょう。

 

冷凍庫に入り切る量を

冷凍弁当特有のデメリットとしてかさばるという点があります。
どっさり購入して冷凍庫に入らなかったら困ります。

 

冷凍庫に入り切るよう予めチェックして購入するようにしましょう。

 

メニューが多く用意されているものを

腎臓食は味が淡白なのでたくさんのメニューで食事の楽しみをカバーしたいものです。
メニューがたくさん揃っているか好きなメニューが用意されているかなどについても目を配っていく必要があります。

 

ウェルネスダイニングの低タンパク食

腎臓病食の弁当

 

低タンパク食はメニューが少ないのが悩みですが、
ウェルネスダイニングではたくさんのメニューが用意されていて、
長く食べても飽きないように工夫されています。

 

どの年齢の方でも食べられるように、適度に柔らかく作ってあり、
美味しいお弁当です

 

7食セット4,800円
初回送料無料

 

公式ページはこちら


トップページ やわらか・ムース食 弁当比較