デザートは栄養補給することもでき水分を比較的たくさん取ることができ、脱水症状を起こしやすいお年寄りに積極的に食べて欲しいものです。

甘くて普通の食事より食べやすいという高齢者もいます。
このページではプリン・あずき寒・くずまんじゅうなどのレシピと作り方を紹介します。

マンゴープリン

ゼラチンに半分泡立てた生クリームをいれてクリーミーに作ります。

材料
ゼラチン
マンゴー60g
砂糖12g
生クリーム15g

作り方
まずゼラチンを溶かします。
その時にマンゴー裏ごしして60度に熱します。

そしてゼラチンを加えて砂糖・生クリームを入れます。

それを氷水を入れたボールに当ててへらで混ぜながら冷ましてとろみがついてきたら生クリームを加えます。

流し缶に流し入れて冷蔵庫で固めます。

ゆず寒天

ゆず寒天はビタミンcがたくさん入っていて和風のデザートです。

ゆずの香りがたまらなく良いですね。

材料
ゆず1個
水90g
寒天
砂糖

作り方
ゆずは上から1センチのところを輪切りにして蓋とします。
そして中の房を全部取り去って器を作ります。

そしてゆずの種を絞って9cc取ります。
そして寒天や砂糖を加えてにします。
そして先ほど作ったゆずの入れ物に注いで冷蔵庫に入れて固めます。

りんごゼリー

ジュースを使ってゼリーを作ります。

柑橘系やブドウ・ピーチなど様々な果物で作ることができます。

材料
りんごジュース
オレンジジュース
ぶどうジュース
など

作り方
まずゼラチンを柔らかくして5分から10分程度放置します。
その次に鍋にりんごジュースを入れて煮込みます。

そしてゼラチンを入れて冷ましながら流し缶に流し込み、冷蔵庫で固めます。

カステラオレンジソースカステラパサパサしていますが、オレンジジュースを入れて食べやすくします。

材料
カステラ一切れ
オレンジジュース30cc

オレンジジュースとろみをつけてカステラにかけます。
それだけで出来上がりです。

葛豆腐

葛豆腐は口当たりが柔らかくて手作りでおいしい味付けです。

葛粉15g
水100cc
黒砂糖10g
練りごま10g

作り方
まずボールに葛粉と水を入れて少しずつ柔らかくして最後にすりごまも入れます。

次にそれを火にかけて行き方でよくかき混ぜてみたったら火を弱めて10分程度でります。
そして流し缶に入れて冷やします。

最後に黒蜜を作ります。
鍋に黒砂糖と水を入れて少しずつに詰めます。

最後に器に葛豆腐を持って黒みつをかけます。

白いんげんのきんとん

鉄分や食物繊維がたっぷり含まれている豆を使います。

そうすると豆は硬いですが、柔らかさを調節することで誰でも食べられるように作れます。

材料
白いんげん10g
砂糖10g

作り方
まず白いんげんをよく水につけて柔らかくしておきます。
一晩ぐらい置いた方がいいでしょう。

次に鍋にたっぷりの水といんげんを入れて火にかけて柔らかくなるまでにいます。
そして水気を切って裏ごししてもう一度鍋に入れます。

そして砂糖を入れてよく練りこんでこってりするまでめり込みます。
そして最後に器に盛ります。

あずき寒

あずき寒は小豆を使っているお年寄りが喜ぶ羊羹、小豆をたっぷり使っておいしく作ります。

材料月14g砂糖10g粉寒天作り方まず厚木を洗って歯5倍の水を加えてい御影ます。

沸騰したら茹で汁を捨てて一度あく抜きをします。
そしてまた水を加えて1時間程度柔らかくにいます。

そして佐藤を3回から2回に分けて入れて焦がさないようにしながら煮詰めます。
それを裏ごしして寒天を入れてみてお菓子砂糖加えています。

手早くかき混ぜて滑らかになったら冷水にあてて粗熱を取ってやや粘り気が出たら流し缶に流して冷やします。