牛肉はタンパク質を多く含んでいる素材、牛肉を使った介護食の作り方を見ていきたいと思います。

ビーフシチュー

ビーフシチューは柔らかさ2のレベルで良質なたんぱく質をたっぷり含んでいます。

寒い日に食べるのに最適で野菜や肉がたっぷり入って栄養素をたくさん取ることができます。

パンやご飯にも合うので家族で一緒に食べることもできます。

栄養素
302キロカロリー
たんぱく質15.5グラム
塩分1.6g

用意するもの
牛もも肉薄切り60g
塩0.4g
胡椒・にんにく
玉ねぎ60g
人参30g
じゃがいも50g
ブロッコリー30g
サラダ油・小麦粉・ローリエなど

作り方

これは一人前の作り方です。

まず牛肉に塩胡椒を振って柔らかくなじませます。
その後フライパンに油を入れて熱して牛肉を少し焦げ目がつくぐらい焼きます。
ニンニクの千切りも一緒に炒めます。
その後炒めた肉に水を入れて小麦粉フリーでいため鍋に移してコトコトとにます。
煮込んだらローリエの葉っぱ塩胡椒などを加えます。

肉を煮込んでいる間にじゃがいもや玉ねぎ人参大きさみます。
介護食ですので、1センチ角の大きさに切ります。

ブロッコリーは柔らかく入れて小さいふさに分けます。
煮込んでいる肉に玉ねぎは人参を加えて10分ほどに見ます。

最後にブロッコリーを入れてざっと煮込みます。

牛肉の角煮

牛肉の角煮はコトコトを柔らかく煮込んだ油が少し多めの肉料理、箸で切れるぐらいわらかくきることができて高齢者でも食べることができます。

肉は冷めると固くなってしまうので暖かいうちに食べた方が良いでしょう。

栄養素
エネルギー188キロカロリー
たんぱく質16.1グラム
塩分1.1g

必要な材料
牛もも肉80g
長ネギ・生姜・砂糖・醤油・酒

これは一人分の量ですが、

作り方

牛肉を食べやすい大きさに切ります。

そして鍋にたっぷり水を入れて長ネギ薄切りの生姜を入れます。
煮立ったら肉を入れて油薬を取ります。
柔らかくなるまでじっくりとコトコト取ります。
最後に火からおろして器に盛り付けます。

レバーパテ

レバーパテは鶏レバーを使った料理です。

レバーは臭みがあるため高齢者だと食べにくいかと思いますが、鉄分ビタミンaなどをたくさん含んでいて栄養素がたくさん取れるため臭みを抜いて高齢者に食べていただきたいものです。

柔らかさはレベル4です。

栄養素
146キロカロリー
たんぱく質16グラム
塩分1.5g

必要な材料
レバー70g
玉ねぎ30g
片栗粉・生姜・だし汁・味噌・みりん・脱脂粉乳

レバーパテの作り方

レバーを水につけて血抜きをします。
その時レバーは1センチ角に切っておきます。
次にだし汁を入れて火にかけてぐらぐら富田てます。
に立ったらそこにレバーを入れて生姜と醤油砂糖などの調味料を入れます。

よく煮込んだら火を止めて少し冷ましてから生姜を取り除きフードプロセッサーで細かく攪拌します。
その後もう一度火を入れて片栗粉でペースト状の柔らかさに作り器に盛り付けます。