卵粥 キューピー レトルト 介護食 ハンバーグ

味の素の卵粥とキューピーのレトルト介護食煮込みハンバーグを試食

スーパーで購入できる市販の介護食を食べてみるコーナー

 

味の素の卵粥とキューピーのレトルト介護食煮込みハンバーグを試食

 

今日は味の素の卵粥とキューピーのやさしい献立
煮込みハンバーグ

 

レベルはUDFの1容易にかめる食べてみました。

 

味の素の卵粥とキューピーのレトルト介護食煮込みハンバーグを試食

 

食べ方

味の素の卵粥とキューピーのレトルト介護食煮込みハンバーグを試食

 

ハンバーグとたまごがゆはレトルトパックに入っています。

 

ですので、お皿に移して電子レンジで温めるかレトルトパックを湯煎して温めるかの方法で食べられます。

 

今日は小さい鍋でレトルトパックをそのままぐらぐら煮立てて湯煎して温めました。

 

味の素の卵粥とキューピーのレトルト介護食煮込みハンバーグを試食

 

前回は歯茎でつぶせるやわらかさでしたが、今回は容易にかめるというユニバーサルデザインフード1の介護食を食べてみますので、どんな味か楽しみです。

 

煮込みハンバーグを食べてみた

味の素の卵粥とキューピーのレトルト介護食煮込みハンバーグを試食

 

まず煮込みハンバーグを食べてみました。

 

UDF1で容易にかめるというレベル。前回の歯茎でつぶせる肉じゃがよりは歯ごたえがあって、じゃがいもや人参が硬めで普通の食事を食べているのと似たような感じがしました。

 

ハンバーグも小さいながらもしっかりと肉で作られていて、ハンバーグを食べているという感じでした。

 

今日のハンバーグは少し塩分が辛くて汁が特に辛かったです。
それで全部食べられずに少し残しました。明日食べたいと思います。

 

高齢者様の食事ですので意外に思いました。

 

栄養成分1パック100gあたり

  • 80キロカロリー
  • たんぱく質3.7g
  • 脂質3グラム
  • 糖質8.9グラム
  • 食物繊維1.3g
  • カルシウム152mg
  • 塩分1.3g

 

使われている素材は卵・乳・小麦・大豆・鶏肉・豚肉がアレルギー品目になっていてそれ以外は特に防腐剤などは使われておらず体に優しい設計になっています。

 

出すときに少しやけどしそうになるので気をつけましょう。

 

卵がゆを食べてみた

味の素の卵粥とキューピーのレトルト介護食煮込みハンバーグを試食

 

次に卵がゆを食べてみました。

 

卵粥は前回の小豆粥と違って塩分がしっかりと利いており、おじやのような味でした。

 

辛いながらも卵の味がしっかりして本当に家で手作りした卵のおかゆのように卵の香りがしました。

 

ご飯のかんじは小豆粥と同じぐらいで柔らかくなりながらも、全くつぶれてしまうわけではなく丁度良く炊いてありました。

 

栄養は250gあたり

  • 100kcal
  • タンパク質4.3グラム
  • 脂質2.5g
  • 炭水化物15g
  • 塩分1.5g

 

アレルギー物質は小麦粉・卵・大豆のみ

 

それ以外は国産のお米とデンプンそしてアミノ酸が使われており防腐剤などは使われておらず安心です。

 

温めないでそのまま食べることもできるそうです。

 

全体的な感想

味の素の卵粥とキューピーのレトルト介護食煮込みハンバーグを試食

 

今日は全体的に塩分が濃い目だと感じました。

 

ですが、ハンバーグは歯ごたえがしっかり残っていて歯がないと食べにくいと思います。

 

歯茎で噛めるというユニバーサルデザインフードのUDF2の肉じゃがと明らかに違い、ちゃんと柔らかさを加減しているんだなあと感心しました。

 

おかゆは高齢者に限定したものではなく、非常食や一般の方が病気の時自分で作れない時に食べるのにも最適です。


トップページ やわらか・ムース食 弁当比較