一人暮らし 高齢者 食事作り

一人暮らしの高齢者の食事作り用意のコツ

一人暮らしの高齢者の食事作り用意のコツ

 

一人暮らしをしていると自分のためにわざわざ夕食を作るのが面倒になって買ったもので済ませたり、主食だけを食べ続けたりなど栄養が偏りがちです。

 

ご飯が作れる高齢者でも一回作ったらたくさんの量が出来てしまい、何日も同じ料理を食べないといけなかったり腐ってせてしまったりなど食事作りが大変になります。

 

このページでは一人暮らしの高齢者の食事作りのコツを紹介したいと思います。

 

食事が作れる方

一人暮らしの高齢者の食事作り用意のコツ

自分で食事が作れる方は上手に買い物することが大切。少ない量でも販売してくれる少量の野菜や肉などを使って少なめの量を作っていきます。

 

それでも1日で全部食べることは難しいので多すぎた分は冷凍庫に保存するといいです。

 

生の野菜や生のじゃがいもなどは冷凍庫で保存することはできませんが、おひたしにしたり煮たりしたものであれば冷凍保存することができます。

 

もちろん肉や魚も焼いて冷凍することもできますので、多くつくりすぎてしまったらすぐに温めて食べられるように一つずつラップに包んで冷凍庫にしまいます。溜まった料理を交代に解凍することで、メニューを回すこともできます。

 

料理が作れない高齢者

料理が作れない高齢者は市販の惣菜を使ったり、健康弁当を使ったり買い置きができる食品などを使って夕食や昼ご飯を準備します。

 

買い置きができる食品

一人暮らしの高齢者の食事作り用意のコツ

冷凍食品やレトルト食品は買い置きをすることができますし、ソーセージのような加工食品もある程度は冷蔵庫で保管できます。

 

それ以外にインスタント食品も半年から1年ぐらいの賞味期限があります。

 

食べるものが偏りがちな方は色々な冷凍食品やレトルト食品などを買いだめてかわりばんこに食べると良いでしょう。

 

普通のものが食べられない高齢者

一人暮らしの高齢者の食事作り用意のコツ

噛めない飲み込みにくいといった障害があって、普通のものが食べられない高齢者の場合は柔らかい食事を用意する必要があります。

 

ですが、一人暮らしで自分で柔らかい食事を用意するの大変なもの。最近では市販でも柔らかさに対応しているレトルト食品やお湯を注ぐだけで味噌汁やポタージュなどが出来上がるインスタント食品もあります。

 

そして一つの食事がセットになっている柔らかい弁当の配達サービスなどもありますので、市販品と合わせて使って行くといいと思います。


トップページ やわらか・ムース食 弁当比較