一人暮らし 高齢者 弁当宅配

一人暮らしの高齢者向けの弁当・食事宅配サービス

一人暮らしの高齢者向けの弁当食事宅配サービスはこちら

 

一人暮らしでの食事作りは大変です。
一人暮らしをする方はサラリーマンの単身赴任の方や学生の方、そして一人暮らしをしている高齢者。

 

中でも食事作りが大変になってしまうのは高齢者です。

 

高齢者は身の回りのことがだんだんと大変になっていってキッチンに立つのも億劫になってきます。

 

そして食材を買ってきてキッチンで料理して余らせないように食べて、そしてご飯を食べた後はお皿を洗ったり片付けをしたりしないといけません。

 

一人暮らしの高齢者向けの弁当食事宅配サービスはこちら

だんだんと食事作りが大変なってくると昼ごはんはうどん一杯で済ませてしまったり、夜はレトルト食品だけを食べたりというふうになってきてしまい、栄養が偏ってしまって糖尿病などの持病が悪化してしまったり、たんぱく質が不足して体がやせてしまうこともあります。

 

一人暮らしのための食事宅配サービス
そんな高齢者に便利なのが一人暮らしの高齢者のための弁当や食事の通販サービスです。

 

弁当や食事の通販サービスでは、健康のことを考えて作ったメニューを冷凍で家まで運んでくれます。
スーパーの弁当コンビニのお惣菜と違って塩分やタンパク質などが厳格に計算されていますし防腐剤などが使われていません。

 

一人分ずつパッケージになっています。
冷凍されているので冷凍庫に入れて長期間保管することができ、食べたい時に好きなものを好きな分だけ電子レンジで温めるだけで食べられます。

 

弁当パックに盛り付け済みのものは、使い捨て容器で洗う手間まで省けてしまいます。

 

ウェルネスダイニングの健康宅配食

普通食や治療食など5つのコースがある

 

 

ウェルネスダイニングの弁当は普通食が食べられる方の普通食と、糖質制限食・タンパク制限食・減塩食・カロリー制限食などの治療食があります。

 

一人分ずつ1食ずつを弁当箱に盛り付け済みなので、電子レンジで解凍するだけで簡単においしく食べられます。

 

栄養がきちんと考えて作った献立で、たんぱく質・塩分などをしっかり計算栄養が取れるようになっています。

 

体に良いメニューです。そして丸ごと温められるパッケージなので高齢者でも簡単に食べられます。

 

コース

価格

注文方法

タイプ

普通・蛋白・低カロリー・減塩・糖質制限

7食 4500円〜

その都度・定期・お試し

ごはん無し冷凍弁当

 

トップページで見てみる

 

やわらかダイニングの介護食

3種類の柔らかい弁当を用意

 

やわらかダイニングの宅配食は飲み込みにくい方、歯がなくて噛めない方や普通食が食べにくくなってしまった方の食事宅配サービスでです。

 

柔らかい食事はムース食・刻み食に近いかなり柔らかめ食・普通食に近くて少し食材が細くなっているちょっと柔らかめ食の3種類があります。

 

栄養は管理栄養士が監修していて、糖質やタンパク質脂質カロリーなどが計算されています。

 

身体に良い献立です。
使い捨て容器に一人分ずつ盛り付けられていて、電子レンジで解凍するだけで高齢者でも簡単に食べられます。

コース

価格

注文方法

タイプ

ちょっとやわらか・かなりやわらか・ムース

7食 4600円〜

その都度・定期・お試し

ごはん無し冷凍弁当

 

トップページで見てみる

 

 

食卓便の冷凍お弁当

普通食やケアコースを用意

 

食卓便では普通の食事が食べられる方の普通食と、ケアコースといわれている塩分やタンパク質カロリーなどが減らされているコースが用意されています。

 

病院や施設などにもたくさんの弁当を提供している食卓便は、栄養士さんがたくさん常駐していてきちんと栄養考えて弁当を作っています。体に良い献立です。

 

冷凍弁当なので電子レンジで5分ほど温めるだけで簡単に高齢者でも食べられます。

 

コース

価格

注文方法

タイプ

普通・蛋白・低カロリー2段階・減塩

7食 4019円〜

その都度・定期

ごはん無し冷凍弁当

 

食宅便の弁当のレビュー

 

冷凍弁当のメリット

一人暮らしの高齢者向けの弁当食事宅配サービスはこちら

 

しっかり栄養が取れる

管理栄養士さんや栄養士さんは献立を考えているので、健康に良いバランスのとれた食事が食べられます。

 

簡単に食べられる冷凍弁当は電子レンジで温めるだけなので、高齢者が1人で暮らしていても簡単に食べられます。
食べた後の容器は燃えるゴミとして捨てられます。

 

安否確認になる

離れて暮らしていると元気にしているか心配になりますが、宅急便で届けてくれるので安否確認にもなります。

 

選ぶときのポイント

遠くで離れて暮らしている一人暮らしの高齢者の弁当を選ぶのに注意すべきポイント

 

栄養考えて作ってあるか

管理栄養士さんや栄養士さんが献立を作っていて、バランスの良い食事ができるものチェックしましょう。

 

簡単に食べられるか

いくら健康に良いものでも複雑な手間がかかってお年寄りだと一人で準備できないものだと困ります。
電子レンジで温めるだけというように、簡単に作れるものかどうかチェックします。

 

お年寄りの好きなメニューが用意されているか

各業者の公式ページにメニュー表などが載っていますので、両親が好きなメニューが入っているか、飽きずに続けられそうかなどをチェックした方が安心です。

 

おいしい食べ方

冷蔵庫で解凍する

紹介している弁当は全部冷凍弁当です。
冷凍弁当は現在ではかなりおいしく作れるようになっていてほとんど冷蔵弁当と見劣りしないものになっています。

 

ですが、以下のようなポイントに注意するとよりおいしく食べられます。

 

冷蔵庫から冷蔵庫に弁当を移して解凍しておく
いきなり電子レンジで温めるより冷蔵庫に移して少し解凍してから温めた方がむらがなくなります。

 

2ヶ月ぐらいを目安に食べる

冷凍弁当は賞味期限が6ヶ月から9ヶ月ぐらいあります。

 

ですので、長期保存が出来るのですが、9ヶ月間も放置してしまうと若干味が落ちてしまいます。
ですので、出来れば2か月以内に食べた方がおいしく食べられます。

 

余裕があるときは器に盛り付ける

弁当そのまま食べられますが、余裕がある時はお皿に盛り付け直すとより手作り感が増します。

 

このページで紹介している弁当は全部手作りされていて作ったらすぐに急速冷凍して味が逃げない様に作っています。

 

一人暮らしをしている高齢者の食事に一度食べてみてください。

 

トップページで見てみる


トップページ やわらか・ムース食 弁当比較