高齢者向けの低カロリー弁当の宅配 糖尿病食

高齢者向けの低カロリー弁当の宅配(糖尿病の方向き)

糖尿病は高齢になるほど増えますが、食事療法がきちんと守れない方や、食事作り自体ができなくなっている方も多いです。

 

糖尿病の高齢者向けの食事宅配

 

  • 糖尿病だが高齢で食事が作れない
  • 親が食事療法をきちんとしていなくて心配
  • 認知症になったら食事はどうしたらよいか

 

糖尿病に自己管理は必須ともいえますが、認知症気味になると自分で管理することは難しくなります。

 

それでも離れて住んでいる場合や、働いて一日の大半を家を空けている場合などには、
毎食治療食を作ってあげられませんし、面倒をみることができません。

 

そういうとき昼食だけ、あるいは夕食だけ、昼と夜どちらもなど
高齢者向けの糖尿病の弁当の宅配があれば安心ですね。

 

そこでカロリーと塩分が少ない治療食を紹介します。

 

選び方のポイント
  • ご飯がセットになっているのか?
  • 冷凍か冷蔵なのか?
  • 一回に何食セットで届くのか?
  • 送料はいくらぐらいでお試しセットはあるのか

 

ウェルネスダイニングの糖尿病食

 

糖尿病食弁当

 

ウェルネスダイニングでは、

  • カロリー240キロカロリー以下
  • 塩分2.5グラム以下

の減塩低カロリー食を宅配しています。

 

ご飯がついていないおかずのみのセットです。
高齢者でも食べられやすいように適度に柔らかく作ってあります。
だしを使っているので、減塩・低カロリーでもおいしい食事です。

 

メニューがたくさん用意されていて100以上あります。
価格も7個セットで4500円からと続けやすい値段設定になっています。
※14個、21個のセットなら更に安くなります。
全国に宅配可能

 

カロリー

塩分

タイプ

価格

240kcal以下

2.5g以下

ごはんなし冷凍弁当

7個 4500円

 

公式サイトはこちら

お弁当レビュー

 

 

食卓便のケアシリーズの糖尿病食

高齢者向けの低カロリー弁当の宅配−糖尿病食

 

食卓便の糖尿病食はご飯とセットで食べることで、400キロカロリー以下に抑えられるカロリーケア食が用意されています。

 

おかずのみのご飯なしのタイプで、20品目の食品が取れるようになっています。
定期宅配とその都度注文があります。
試しセットはありません。

 

カロリー

塩分

タイプ

価格

400kcal・530kcal

-

ごはんなし冷凍弁当

7個 4019円

※ご飯を150g用意して食べた場合のカロリー

 

公式サイトはこちら

 

 

ニチレイフーズ糖質を控えたい糖尿病食

高齢者向けの低カロリー弁当の宅配−糖尿病食

 

塩分とカロリーと糖質控えめにしている弁当で、
おかずのみのご飯がないタイプの冷凍弁当です。

 

コースは35メニュー用意されていて1食800円
7食セットで割引5150円
弁当を一つずつ単品で注文できるのがポイント
全国に宅配可能

 

カロリー

塩分

タイプ

価格

約300kcal以下

約2g以下

ごはんなし冷凍弁当

7個 5150円

 

 

ニチレイの公式サイト

 

 

糖尿病食を宅配するメリット

おいしくカロリーを減らせる

高齢者向けの低カロリー弁当の宅配−糖尿病食

糖尿病食は塩分を2グラム以下にしないといけないなど厳格な制限はありませんが、糖質を制限したりカロリーを制限したりする必要があります。

 

カロリーを減らしたり糖質を制限することは、ご飯を減らしてばいいなど簡単に思われがちですが、実際には満足いく味でカロリーや糖質を制限することはなかなか難しいことです。

 

しかし糖尿病食は管理栄養士さんが糖質やカロリーを考えるとともに、味、見かけについても工夫して献立を作っていますので、おいしく糖尿病食を食べることができます

 

簡単に治療食が食べられる

高齢者向けの低カロリー弁当の宅配−糖尿病食

糖尿病の食事制限はカロリーを計算したり糖質がどれくらい含まれているかわからないといけないので自分で作るのはなかなか大変、高齢となればなおさらです。

 

ですが、糖尿病食を宅配すると簡単にカロリーや糖質を制限することができるので、食事作りが難しくなっている高齢者でも簡単に食事制限ができます。

 

冷凍弁当は便利

高齢者向けの低カロリー弁当の宅配−糖尿病食

治療食は冷凍タイプが便利です。
冷蔵弁当だとその日すぐに食べてしまうないといけません。

 

またレトルトパックだと常温保存できるなどのメリットがあるのですが、湯煎した後お皿に盛り付けてその後皿を洗わないといけないという手間がかかってしまいます。
冷凍弁当なら温めて使い捨てできるので簡単です。

 

選ぶときのポイント

糖尿病食を注文する時は次のようなポイントに注意しましょう。

 

糖質やカロリーが何グラムに制限されているか

まずカロリーが一食あたり250キロカロリー以下糖質が15g以下など何グラムぐらいに制限されているのかチェックしましょう。

 

メーカーによってはカロリーが2段階になっているところもありますので、ご両親に必要な制限食を選んでください。

 

冷凍庫に入りきる分を

冷凍弁当は便利な反面かさばるというデメリットがあります。
冷蔵庫にきちんと収まるどうかチェックしてから注文した方が安心です。

 

好みのメニューが用意されているか

食事制限ができても好みの献立が用意されていなかったり、献立の量が少ないとすぐに同じメニューが回ってきてしまい食事の楽しみがなくなってしまいます。

 

ですので、メニューがたくさん用意されているか好きなメニューがあるかどうかについても目を配る必要があります。

 

 

おすすめ−ウェルネスダイニングの糖尿病食

糖尿病食弁当

糖尿病食の中ではメニューがたくさんあり、
長期間継続しないといけない食事療法も美味しく続けられるようになっています。

 

高齢者でも食べやすいように柔らかくしてあります。
とても美味しい弁当です。
7食セット4500円
※14個、21個のセットなら更に安くなります。
初回送料無料

 

公式ページはこちら


トップページ やわらか・ムース食 弁当比較